住宅というのは国によって違うことになりますから

住宅というのは生活スタイルに合わせることになります。国によっても風土によって違うことになります。そうしたことによっても変わってくることになりますし、或いは雰囲気もまるで違ってきます。例えば特徴的なことをいいますと日本家屋のように木材を使うということがあったりするのは世界的に同じなのですがレンガが主要ということもありますし、既にコンクリートのほうがよい、という地域もあったりします。外国では、不燃性の石膏を使うことが多いです。これが非常に高い防火性を実現してくれるので実は相当にお勧め出来ます。輸入住宅という選択肢もあります。輸入するわけですから実は円高のときなどに買うと少し安くなることなどもあり、やり方次第によって外国の住宅が日本で安く手に入るということがあります。それを狙うのもよいでしょう。せっかくなので住宅に拘りたい、という人は多いでしょうから、一つの方向性として輸入住宅なども考えてみるとよいでしょう。