差やアリナンバーなどについて勉学をしました

朝から暑かったのですが、昼からは曇ってきました。降雨が降りしきるのかなとも思いましたが、降りませんでした。そして、稽古をしました。観測ナンバーなどについて稽古しました。テストや教室をするときには、参考や気温全などの観測マシーンを用いて目的の本数を測定します。その際、細心の注意を払って測定したとしても、計器本体の精度には視野があり、人間の読みとり使途にも限界があるので、観測ナンバーはさほど真のナンバーを見せるわけではありません。観測ナンバーと真のナンバーとの開きを食い違いといいます。食い違いは観測マシーンの欠如や観測人間の読みとり皆さんのクセなど各種原因で起こりますが、時々観測人間が関知できない目的によってマグレ芽生える存在もあります。食い違いのわけをあかし、観測の実習をすることによって、食い違いを少なくすることができます。観測マシーンの目盛りを掴むときは、ミニマム目盛りの10分の1まで読みます。このことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。

父の日に、親子からの望ましい出迎えを受けました

6毎月19お天道様はおとうさんのお天道様でした。即日朝はなにも知らされていませんでしたが、夕暮れから中学校の二人のお子さんと嫁さんを中心に、こちらと、同居やる男のために食物の予約が始まりました。
行えるまでは秘密なので、台所には近寄らないようにしたり、コンビニエンスストアにビールを買いに行ったりして時間をつぶすことにしました。
帰宅したら妹がポイントを氷水に垂らし、じっとしていたのでびっくりして話を聞くと、フライドポテトをしていたら油がはねて飛び散り、ポイントや首にかかったということでした。
赤くミミズ浮腫のようになってしまい、いまひとつ痛くは弱いということでしたが可哀想でした。
あんな傷もありましたが、食事も洗い浚い成就し呼ばれていくと食卓いっぱいにたくさんの食物が並んでいました。
どれも、自分が普段から好きなものを一心に考えてくれてアレンジしたり自家製したりしてあり、心から感激しました。
小さかった子供たちも、自分で包丁をもち考えながら食事を取るようになったんだな、と感慨深いものがあります。
ビールをグラスに注いでもらいながら気持ちのこもった食事を食べ、嬉しさもひとしおの時機でした。