福島産米の全袋検査はこれからも続けていくべき

福島県では現在収穫された米の放射性物質が入っていないかどうか全袋検査を行っているそうです。
風評払拭の為には面倒臭そうな作業ではありますが、安心して消費者に食べて貰えるようにする為には大切なことだと思います。
この全袋検査を今後も続けていくべきなのかという議論が出ているそうですが、一消費者側の意見として言わせて頂ければ今後も是非続けて欲しいと思います。
世の中にはまだまだ福島産の物に対して「大丈夫なのかな?」と考えている人は沢山いるのです。
相手が外国人であれば尚更のことでしょう。
だから福島ブランドを守る為にも全袋検査はこれからもずっと継続して行って欲しいな と思います。
安全だからという理由で買って応援してくれている人もいるのでしょうし、検査をしていない米となってしまうと今後買ってくれる人の数は激減してしまうのではないかと懸念されてしまいます。
福島の商品は安全ですよということを世界にアピールしていくのがいいと思います。

2人目の出産後も里帰りで実家にお世話になってます

2人目の子供を無事に出産し、母子共に退院することができたので、その日から予定通り実家に帰省することにしました。
旦那さんも1人で家で寝るのが寂しいとのことで一緒に私の実家にお世話になります。
多くの男の人は、奥さんがいない間は羽が伸ばせて好き放題できるからむしろ帰省を喜ぶものだと思うけど、うちの旦那さんは少し変わっているようです。
1階の弟の部屋を借りることができたので、そこで私たち夫婦と息子と赤ちゃんの4人で寝ています。
お父さんが寒いからとオイルヒーターを設置してくれたので冬でもとても暖かくて居心地が良いです。
2人目はスピード出産だったので、体への負担も長男の時より負担がなかったのですぐに回復しました。
だけど、赤ちゃんがいると1ヶ月は外へ出られないので、お母さんやお姉ちゃんが息子を遊びに連れて行ってくれるので、息子も退屈せずに過ごせていてとてもありがたいです。
実家に帰らないとこうはいかないので帰省して良かったです。