住宅というのは国によって違うことになりますから

住宅というのは生活スタイルに合わせることになります。国によっても風土によって違うことになります。そうしたことによっても変わってくることになりますし、或いは雰囲気もまるで違ってきます。例えば特徴的なことをいいますと日本家屋のように木材を使うということがあったりするのは世界的に同じなのですがレンガが主要ということもありますし、既にコンクリートのほうがよい、という地域もあったりします。外国では、不燃性の石膏を使うことが多いです。これが非常に高い防火性を実現してくれるので実は相当にお勧め出来ます。輸入住宅という選択肢もあります。輸入するわけですから実は円高のときなどに買うと少し安くなることなどもあり、やり方次第によって外国の住宅が日本で安く手に入るということがあります。それを狙うのもよいでしょう。せっかくなので住宅に拘りたい、という人は多いでしょうから、一つの方向性として輸入住宅なども考えてみるとよいでしょう。

記憶力が良くないことをメリットにしていきた

私は子供の頃からあまり記憶力が良い方ではありませんでした。
そのため、記憶力を必要とする課目では、時間をかけて勉強をしても、あまり良い点を取ることができませんでした。

今でもその傾向は変わらず、覚えておかなくても済むように、すぐにメモを取るようにしています。
覚えることが少なければ、覚えていられるのですが、それを考えている間は他のことが疎かになってしまうので、できるだけ書き出しておき、それを忘れるようにしています。

時間を効率よく使っていくためにも、できるだけ頭の中は空っぽにしておいたほうが良いようです。
記憶力は個人差があります。

記憶の仕方にコツがあると思うのですが、何かに関連づけて覚えたほうが記憶に残りやすいようです。
楽しいことよりも嫌なことの方が記憶に残ってしまうのは、その時に心の痛みがあるからかもしれません。

もし、楽しい思い出もそれ以上に心の中に楽しいという感情があれば、いつまでも記憶に残っていくと思います。
記憶力が良くないことをデメリットではなく、メリットに変えてこれからも生活してきたいです。http://www.igroupcal.com/muryouyoyaku.html