子供への贈与をこつこつやっていく?相続対策の方法

例えば、子供に大きなお金が必要になった時、親が払うと税金がかかることがあるって知っていましたか……?
いわゆる贈与税です。

・夫が妻に指輪を贈る
・息子へ自動車を買ってあげる
・恋人同士で旅行代金を負担してあげる
・大学で一人暮らしのために仕送りしてあげる

この場合、110万円を超える金額だと贈与税がかかってしまい注意が必要です。

友人の話ですが、子供が大学進学をする時に状況するかもしれなく、家電を買うにも110万円を超えそうなので「子供名義」の貯金を小さいうちからはじめていると言っていました。確かに、それは”正しい”です。何の気はなしに購入していて税金の知識がないと脱税になってしまうこともありえるので。もちろん、子供のために貯金するにも年間110万円は超えてはダメ。例えば、年間100万円を貯蓄するために親の講座からふりこむならセーフです。

お金の問題は誰も教えてくれないものですが、子供が大金を必要になるタイミングで一括振込すると税金がかかる危険性もあり、コツコツと長期間かけて貯めてあげることが必要です。ベルタ葉酸 販売店